日本の地粉(うどん粉)でスコーンを焼いてみました。地粉とは、その土地で栽培され、収穫、製粉された小麦粉。うどんやすいとん、おやき、天ぷら、蒸しパン、かりんとう…等々、古くから日本の粉食を支えてきた伝統的な中力粉です。これで作ったスコーンは、予想以上にふんわりと焼き上がって粉の旨みもしっかり!今回は南部地粉を使いましたが、もっといろんな土地の地粉を試してみたくなりました。

地粉のスコーン(南部地粉)

材料(直径5~6センチの丸型6~7個分)

  • 地粉(中力粉)    230g
  • きび砂糖       25g
  • 塩          ふたつまみ
  • ベーキングパウダー  小さじ2
  • 無塩バター      60g
  • 卵          25g(約1/2個分)
  • 牛乳         50g
  • ヨーグルト      50g

 下準備

  • バターは1cm角に切って冷蔵庫に冷やしておく。
  • 卵と牛乳とヨーグルトを混ぜ合わせておく。
  • 天板にオーブンシートを敷く。
  • オーブンの予熱は200℃に。

作り方

  1. ボウルに地粉、きび砂糖、塩、ベーキングパウダーを合わせて、泡立て器で混ぜ合わせる。
  2. バターを加え、カードで粉とバターを切り混ぜる。
  3. バターが細かくなってきたら、指先で粉とバターをこすり合わせるようにしながら、バターの粒をさらに細かくする。バターが溶け出さないよう素早く、さらさらのパン粉のような状態にする。
  4. 卵+牛乳+ヨーグルトを加え、カードでざっと切り混ぜるようにして生地をひとまとめにする(この時点で粉っぽさが残っていても大丈夫)。
  5. 打ち粉をふった台に生地をのせる。手のひらかめん棒でかるく伸ばし、カードで生地を半分にカットして重ねる、といった作業を2、3回繰り返す。
  6. 生地を厚さ2.5cmぐらいにのばす。このまますぐに切り分けて焼成してもよいが、生地の立ち上がりを美しくしたい場合は、ラップで包んで冷蔵庫で1時間~ひと晩、もしくは冷凍庫で30分ほど休ませる。
  7. 生地を型で抜くか、ナイフでカットする。型で抜く場合は、型に粉をはたいてスパッと抜くようにする。カットした断面には触れないように気を付ける。残った生地は手早くまとめ直して同様に抜く(2番生地)。さらに残った生地には、お好みのドライフルーツやナッツを適宜加え、手で丸くまとめる(3番生地)。
  8. 天板に並べ、好みで表面に牛乳か溶き卵(分量外)を塗る。
  9. 200℃に予熱したオーブンで12~15分間焼く。

⇩画像付きの詳しい作り方は、こちらの記事をご参考に。

アドバイス

室温の高い夏場は、フードプロセッサーで生地を作るのがベスト。お持ちの方はぜひご活用ください!

フープロ使用のスコーンの作り方
  1. 粉、きび砂糖、塩、ベーキングパウダーをフードプロセッサーに入れて、2~3回パルス(1~2秒間隔でON/OFFを繰り返す)して、混ぜ合わせる。
  2. バターを加えて、全体がさらさらの状態になるまで5~6回パルスする。
  3. 卵+牛乳+ヨーグルトを加え、ひとかたまりになるちょっと手前まで数回パルスする。
  4. 生地を台に移し、あとは上記の作り方同様に成形する。

強力粉と薄力粉の中間的な性質を持つ地粉は、料理にもお菓子にも使えてオールマイティー。オーサワの南部地粉はパンも美味しく焼けます。

ふんわりとして風味豊かな地粉のスコーンと、最近ハマっている和紅茶。日本の風土が育む粉やお茶は、やはり日本人の味覚や体質に合うのか、やさしくてしっくりとくる美味しさです。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事