スコーンはシンプルなだけに、いつもの材料をちょっと変えるだけで、仕上がりに明らかな変化が生まれます。最近は卵なしのスコーン生地ばかり作っていたのですが、ふと卵入りのスコーンが懐かしくなり、せっかくなので両方作って比較してみることにしました。見た目だけでなく味わいの上でも、両者の違いは歴然です。どちらが正解、というのではなく、好みの問題。さて、あなたはどちら派でしょうか?

プレーンスコーン(卵入り)

材料(直径5~6センチの丸型6~7個分)

  • 薄力粉または中力粉  200g
  • きび砂糖       25g
  • 塩          ふたつまみ
  • ベーキングパウダー  小さじ2
  • 無塩バター      50g
  • 卵          40g
  • 牛乳         40g
  • ヨーグルト      40g

※基本のプレーンスコーン生地は、水分となる牛乳・ヨーグルトは同割(60gずつ)で加えています。今回の卵入りの生地でも、卵・牛乳・ヨーグルトを同割(40gずつ)にしました。卵は全卵を使うと大さじ1杯弱余るので、ツヤ出し用に使います。

作り方

作り方は基本のプレーンスコーンと同じです。牛乳+ヨーグルトを卵+牛乳+ヨーグルトに置き換えてください。

感想

卵入りのスコーン生地の特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 生地が黄色味を帯びて、温かな印象になる。
  • 腹割れがくっきりときれい。
  • 卵ボーロのようなやさしい後味。
  • 冷めると少しパサつきやすい

写真(左・卵あり/右・卵なし)からもわかるように、釜伸びは変わりませんが、腹割れがくっきりときれいなのは卵入りです。たまたまなのかもしれませんが、卵の膨張力が影響しているのかもしれませんね。

卵入りの生地の魅力は、卵特有のやさしい味わい。後味にたまごボーロのような懐かしい風味を感じます。

スコーンに限らずパンもそうですが、生地に卵が入るとふんわりとする反面、少しパサつきやすくなります。少し喉が渇くような感じが、紅茶にとても合うのですが…。もちろん焼き立てをすぐに食べる分には、パサつきは心配無用です。

卵あり・なしは気分次第。卵ありはふんわりやさしいニュアンス、卵なしは粉とバターを味わうしっとりタイプ。どちらにしても、おうちで焼くスコーンは最高ですね!

次回は美味しいスコーンにぴったりの、果肉感満点のお手軽ジャムを作ります。お楽しみに!

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事