鶏肉をシードル(りんごの発泡酒)で軽く煮込む、フランス・ノルマンディー地方の料理です。シードルの風味と軽い酸味がクリームと馴染んで、柔らかな鶏肉によく合います。甘酸っぱいりんごのソテーとの相性も抜群。ちょっとよそゆき感があるのに、材料はシンプルでフライパンひとつで簡単に作れます。秋の日の食卓にぜひどうぞ!(1年前に掲載したレシピを、好評につき加筆修正して再アップです。)

鶏肉のシードル煮込み りんご添え

材料(4人分)

  • 鶏もも肉       2枚(500~600g)
  • 玉ねぎ        1/2個
  • マッシュルーム    1パック
  • カルバドス(あれば) 大さじ1~2
  • シードル(辛口)   150㏄
  • 生クリーム      100㏄
  • パセリ        適宜
  • 塩、コショウ     適宜
  • りんご        1個
  • バター        大さじ1

作り方

  1. 鶏肉は適当な大きさに切り(1枚を4~6等分)、しっかりめに塩をふり、こしょうを挽く(※アドバイス欄参照)。玉ねぎはみじん切り、マッシュルームは4等分にする。
  2. りんごのソテーを作る。りんごは皮をむき、8等分のくし型に切る。フライパンを中火にかけてバターを溶かし、りんごをソテーする。透明感がでて両面に軽く焦げ目がついたらバットに取り出す。
  3. 同じフライパンにサラダ油を足し、鶏もも肉を皮目から強火でソテーする。両面に焼き色がついたらバットに取り出す。
  4. フライパンに残った余分な油は捨て、玉ねぎを入れてしんなりするまで炒め、マッシュルームも加えて炒め合わせる。鶏肉を戻し入れ、カルバドス(あれば)を加えてアルコール分を飛ばす。シードルを加え、煮立ったらアクをひき、蓋をして弱火で15分ほど煮込む。
  5. 4に生クリームを加える。さっと煮立てて、塩こしょうで調味する。
  6. 鶏肉とりんごを皿に盛り、煮汁を軽く煮詰めてかける。パセリの葉を刻んで散らす。

アドバイス

  • シードルは必ず辛口(ドライ)を使ってください。酒屋で手に入りやすいニッカのシードル(ドライ)でも美味しく作れます。ブルターニュ産の本格シードルがあれば最高ですね。
  • 鶏もも肉には塩をしっかりめに振ります(もも肉2枚で小さじ1強が目安)。他に調味料を使わないので、この塩加減がポイントです。
  • りんごのソテーは紅玉がオススメ。煮崩れにくく、酸味があるので料理のアクセントになります。

レシピで使用したニッカのドライシードル。すっきりとしてアルコール度数も低いので、食中酒としても◎。

カルバドス(りんごの蒸留酒)があればりんごの風味がさらにアップ。焼き菓子にも、食後酒としても、エスプレッソに入れても美味しいですよ!

煮込みにぴったりな、美味しいプチパンレシピはこちら⇩

シードルで煮込むことで肉は柔らかく、風味豊かに。クリーミーなソースが美味しい季節になりましたね。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事