金柑が旬です。昔から風邪予防といえば金柑。薬効の高さは知られていますが、マーマレードにするとすごく美味しい!というのはあまり知られていないかもしれません。 金柑の美味しさは、独特の風味と食感をもつ皮。皮を味わうべく、大きめの角切りにして煮ています。 まろやかな甘みとほのかな苦味、さわやかな酸味が絶妙です。種が多いので取るのがちょっと手間ですが、その価値は十二分にあります。生食の金柑はちょっと苦手…という方も、ぜひ作ってみてくださいね。

金柑マーマレード

材料(200mlのビン約2本分)

  • 金柑(種を取り除いた正味)    300g
  • グラニュー糖           150g(金柑の重さの半量)
  • 水                150㏄(金柑の重さの半量)
  • レモン汁             小さじ2
  • グランマニエ(あれば)      小さじ1

下準備

金柑を洗って水気を切り、ヘタを取る。縦半分に切って、竹串で種を取り除き、大きめの角切りにする。

作り方

  1. 鍋に金柑と分量の水を入れて蓋をし、強めの中火にかける。5分ほどして沸騰したら蓋を開け、アクを取りながら5分ほど煮る。
  2. 1にグラニュー糖の半量を加えて2~3分煮る。残りのグラニュー糖とレモン汁を加えてさらに2~3分、アクを取りながら煮る。仕上げにグランマニエ(あれば)を加えてひと煮立ちさせ、火を止める。熱いうちに清潔な瓶に詰める。

アドバイス

  • 上記のレシピ通りに作ると、糖度は50%前後に仕上がります。砂糖の量を金柑の重量の50%で作っていますが、40%くらいまでは美味しく作れます。砂糖の量が減ると、ツヤやとろみが出るのに時間がかかる場合もあるので、減らし過ぎないようにしてください。
  • レモン汁を最後に加えると、酸度が増して味が引き締まります。グランマニエも加えると風味に奥行が出ますが、なければ省いてもOKです。
  • 金柑の切り方はお好みで。薄切りにするとトーストなどに塗り広げやすく、くし切りにしてもごろっとした食感が楽しめます。

短時間で仕上げるのでとてもフレッシュ&フルーティー。目にも鮮やかな、みずみずしい美味しさのマーマレードです。

スコーンやトーストはもちろん、ヨーグルトに入れたり、紅茶やホットワインに加えても美味しいですよ。そしてこちらもおすすめ。

金柑マーマレード・オン・キャラメル。前回ご紹介した塩バターキャラメルクリームと重ね塗り。キャラメルと柑橘は相性がいいので、こんなタルティーヌは最高です。朝から元気が出ますよ!

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事