虎屋茶寮の抹茶グラッセがあまりにも美味しく、家で真似しようと思ったら抹茶が賞味期限切れ。とりあえずは古い抹茶の消費に、抹茶マドレーヌを焼きました。使い切りでたっぷり加えた抹茶のおかげで、何とも香り高い焼き上がりです。ふんわりした焼き立ても、しっとりとした翌日も実に美味。ポコッと割れば、目にも鮮やかな緑色です。

抹茶マドレーヌ

材料(シェル型8個分)

  • 全卵           1個分(約55g)
  • グラニュー糖       45g
  • はちみつ         10g
  • 牛乳           10g
  • 薄力粉          50g
  • 抹茶           5g
  • ベーキングパウダー    小さじ1/3
  • 無塩バター        50g

下準備

  • 卵は常温に戻しておく。
  • 薄力粉+抹茶+ベーキングパウダーを合わせてふるう。
  • バターは湯煎かレンジで溶かし、保温しておく。
  • マドレーヌ型にバターを塗る。
  • オーブンの予熱は190℃。

作り方

  1. ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を加えてよくすり混ぜる。はちみつを加えて混ぜ、牛乳も加えてなじむまで混ぜる。
  2. ふるった薄力粉+抹茶+ベーキングパウダーを加え、泡立て器で大きくぐるぐると混ぜ合わせる。
  3. 粉っぽさがなくなったら、溶かしバターを2~3回に分けて加え、そのつど泡立て器でぐるぐる混ぜてなじませる。
  4. ラップをかけて冷蔵庫で休ませる。少なくとも1時間以上。理想は3時間ほど。
  5. 休ませた生地を、スプーンか絞り出し袋で型の8分目ほど入れる。190℃に予熱したオーブンで10~12分焼く。
  6. ぷくっとふくらんで美味しそうな焦げ目がついたら焼き上がり。そっと型から外し、ケーキクーラーにのせて冷ます。

アドバイス

  • マドレーヌ生地は、必要以上に混ぜないことがポイントです。それぞれの工程で、材料が混ざりあえばOK。特に粉を入れてからは、混ぜすぎると膨らみが悪くなるので注意してください。大きくぐるぐると混ぜて粉気がなくなる程度で大丈夫です。
  • 焼く前に生地を十分に休ませることで、おなかぽっこりのマドレーヌになります。
  • 生地を冷蔵庫で休ませる前に、絞り出し袋に入れておくと便利です。焼く時には、絞り出し袋の先をカットして型に絞り入れます。
  • 焼成温度と時間は、オーブンの種類や型の素材によって結構変わります。マドレーヌの焼き色具合をよく見ながら調整してください。例えばうちのオーブンの場合は火力が強いので、190℃で8分焼いた後、170℃に下げてさらに4分焼いてちょうどいい具合です。おうちのオーブンで何度か焼いてみて、ベストな焼成温度と時間を探ってくださいね。
  • マドレーヌの型は素材によって、何も塗らなくていいもの、バターやオイルスプレーが必要なもの、バターを塗った上に強力粉をはたく必要があるもの、と様々です。シリコン樹脂加工のものが使いやすくておすすめです。

バター×抹茶のコクと、しっとりとした密な食感。シンプルながら、深みのある味わいのマドレーヌです。

抹茶の焼き菓子レシピはこちらもどうぞ

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事