スコーンと並ぶイギリスのお茶菓子といえば、ヴィクトリアサンドイッチケーキ。 バターと砂糖と卵と粉が同量ずつ入るベーシックな生地に、ラズベリージャムをサンドするだけのシンプルな焼き菓子です。素朴にして気品のある美味しさは、伝統菓子ならでは。 カトルカール(=パウンドケーキ)のポイントを押さえながら、ぜひ気軽に作ってみてください。 しっとりとした生地と甘酸っぱいジャムのコンビには、紅茶が本当によく合います!

ヴィクトリアサンドイッチケーキ

材料(直径16cmのフラワー型1台分)

【カトルカール生地】

  • 無塩バター     100g
  • グラニュー糖    100g
  • 卵         100 g
  • 薄力粉       100g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/4

【バタークリーム生地】

  • 無塩バター     40g
  • 粉糖        50g
  • 牛乳        大さじ1/2
  • 好みのベリージャム 適宜
  • 粉糖(仕上げ用)  適宜

下準備

  • バターを室温にもどし、やわらかくする。
  • 卵を室温にもどし、溶きほぐす。
  • オーブンを170℃に予熱する。
  • 型にバターを塗り、強力粉(共に分量外)を薄くはたいておく(テフロン加工の型の場合は必要なし)。

作り方

  1. ボウルに無塩バターとグラニュー糖を入れ、ゴムベラですり混ぜる。
  2. ハンドミキサーの高速で3~4分、白っぽいふわふわのクリーム状になるまでよく泡立てる。
  3. 卵を4~5回に分けて加え、そのつどハンドミキサーの高速で1~2分しっかり泡立てる。
  4.  薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、ゴムベラで切るようにして混ぜあわせる。
  5.  粉っぽさがなくなったら、全体が均一になりつやが出るまで、大きくすくい返すように混ぜる。
  6.   型に流し入れて表面をならす。
  7.  170℃に予熱したオーブンで40分ほど焼く(生地の膨らんだ部分を指で押してみて、ふわっとした弾力があれば焼き上がり)。型から出して網の上で冷ます。
  8. バタークリームを作る。ボウルにやわらかくした無塩バター、粉糖(ダマがあればふるう)、牛乳を加えてゴムベラか泡立て器で練り合わせる。
  9. 7の生地を2枚にスライスし、バタークリームとジャムを塗ってサンドする。粉糖をふって仕上げる。

アドバイス

  • 本来は、生地を2つの型(サンドイッチティン)に分けて焼きますが、ここでは1つの型で焼いて厚みを半分にスライスしています。中央が膨らみすぎないよう、ベーキングパウダーの使用を極力少なくして、しっとりキメ細やかな生地に仕上げています。
  • バタークリームはお好みで。少し甘くしてホイップした生クリーム&いちごのスライスをはさむのも素敵です。ジャムだけでも美味しいですし、レモンカードもよく合います。

ジャムは固めのものがサンドしやすいです。おすすめはボンママンのラズベリージャム。

ヴィクトリア女王のお気に入りだったという由緒正しきケーキ。見た目が地味なところがイギリスらしく、飽きのこない美味しさです。イギリスの焼き菓子は、つくづく紅茶に合うようにできているなぁ…と、あらためて実感させられます。休日のティータイムにぜひ!

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事