花屋さんでミモザを見かける季節になりました。春の訪れを告げるミモザは、鮮やかな黄色が目をひく可憐な花。そんなミモザのように、食卓をパッと明るくしてくれるサラダを作ります。卵の黄身をミモザに見立てたウフ・ミモザ(ウフはフランス語で卵)を、たっぷりのベビーリーフの上に並べるだけ。とても簡単で、華やかで楽しい雰囲気のある一皿です。春先の食卓にぜひどうぞ!

ミモザ・サラダ

材料(4~5人分)

  • 卵            5個
  • カニ肉          30~50g
  • マヨネーズ        30~40g
  • 塩            小さじ1/8
  • こしょう         適宜
  • パセリ(みじん切り)   適宜
  • ベビーリーフ       適宜
  • ヴィネグレット・ソース  適宜

作り方

  1. 卵は固ゆでにして殻をむき、縦半分に切って白身と黄身に分けておく。
  2. ボウルに黄身3個分、カニ肉、パセリを入れてマヨネーズで和え、塩、こしょうで味を調える。
  3. 白身に2をこんもりと詰める。
  4. 皿にベビーリーフを敷いてヴィネグレットをかけ、その上に3を並べる。
  5. 残りの黄身をザルで漉して散らす。

アドバイス

  • カニ肉のほかに、小エビやホタテ、ツナなどもよく合います。もちろんシンプルに卵だけでもOK。ハーブをたっぷり加えると、香りがぐんと豊かになります。
  • ヴィネグレット・ソースは、手作りすると酸味がキリッとしてとても美味しいです。ワインビネガー大さじ1、マスタード小さじ1/4、塩小さじ1/4、白こしょう少々をボウルに入れて泡立て器でよく混ぜ、オリーブオイル大さじ3を少しずつ加えながら、とろりとするまで混ぜ合わせて作ります。詳しくは下記の記事を参考にしてください。

食卓に花が咲いたような明るい春のサラダです。卵×マヨネーズのやさしい味わい。フィリングは自由にお好きなもので。簡単で経済的なのもうれしいですね!

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事