手抜きなのにごちそう感のある、肉々しくて盛り上がる(ベジタリアンの方ごめんなさい!)おもてなし料理です。ザワークラウトのほどよい酸味、塩豚のうま味、白ワインの風味が独特の美味しさを醸し出します。本場アルザス風に、大皿にこんもり豪快に盛り付けるもよし、鍋のままどーんと供するもよし。美味しいベーコンとソーセージが手に入ったら、ぜひ作ってみてくださいね!

アルザス風シュークルート

材料(4~5人分)

  • 豚肩ロース肉        300g
  • 塩             10g
  • 砂糖            5g
  • 黒こしょう         適宜
  • ザワークラウト       大1瓶(810g)
  • ベーコン(ブロック)    150g
  • ソーセージ         4~5本
  • じゃがいも         4個
  • 玉ねぎ           1個
  • 白ワイン          1カップ
  • 水             1カップ
  • クローブ(あれば)     2本
  • ジュニパーベリー(あれば) 小さじ1
  • タイム(生でもドライでも) 適宜
  •  ローリエ          2~3枚

下準備

塩豚を作る。豚肩ロース肉に塩、砂糖、こしょうをすり込んで、冷蔵庫に一晩置く。ビニール袋に材料を入れて中の空気をぱんと張って、肉に塩、砂糖、こしょうをまぶして全体をもむようにすると手軽。そのまま冷蔵庫へ。

作り方

  1. ザワークラウトはさっと水洗いして、水気をよく絞る。塩豚もさっと水洗いして、水気を拭く。玉ねぎは薄切りにする。
  2. 厚手の鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎがしんなりするまで炒める。ザワークラウトを加えてよく炒め合わせる。1の肉とベーコンを埋め込むように入れ、白ワイン、水を注ぎ、クローブ、ジュニパーベリー、タイム、ローリエを加える。強火にかけ、沸騰したら弱火にして蓋をし、1時間ほど煮る。
  3. じゃがいもは皮つきのまま水から弱火で茹でて、皮をむいておく。
  4. 3の鍋にソーセージを加えて火を通す。
  5. 肉を切り分け、ザワークラウト、じゃがいもと共に皿に盛る。

アドバイス

ザワークラウトは水洗いをしますが、洗いすぎには注意。酸味と風味が抜けすぎないよう、ザルに入れてさっと洗う程度にしてください。手でギュッと絞って水気をしっかり切るのもポイント。塩豚のうま味と白ワインをたっぷりと含んだザワークラウトが味わえます。

おすすめのザワークラウトはキューネ社のもの。食感が良く酸味もマイルドです。

この料理の最大の難関は、ザワークラウトの瓶の蓋を開けること。普通には開けられないのでご注意ください。私もこれまで、ゴム引きの軍手を使ったり、瓶を温めたり、キッチンバサミ等で蓋のへりを叩いたりしてなんとか開けていたのですが、実はとても簡単に開く!という記事を見つけました。確かにキューネのザワークラウトの蓋にも王冠マークがあります!もっと早く気付くべきでしたが…。

ほくほくのじゃがいもが良く合います。ディジョンマスタードもお忘れなく。1人分にこれだけ盛ってもまだお代わりがあります!お肉たくさんでもザワークラウトのおかげで、後味さっぱりといただけますよ。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事