爽やかなレモンピールを加えた生地に、クリームチーズをラフに混ぜ込んだスコーン。クリームチーズのほのかな酸味、塩気、コクを生かすべく、なるべく細かくしないで塊を残すのがポイントです。レモンの香りが上品で爽やか、ふんわりしてしっかりコクもある美味しいスコーンに焼き上がりました。

レモンとクリームチーズのスコーン

材料(8個分)

  • 薄力粉または中力粉   200g
  • きび砂糖        30g
  • 塩           ふたつまみ
  • ベーキングパウダー   小さじ2
  • 無塩バター       50g
  • 卵           30g
  • ヨーグルト       40g
  • 牛乳          50g
  • レモンピール      30g
  • クリームチーズ     18g×4個※

(※kiriのポーションタイプを使用)

下準備

  • バターは1cm角に切って冷蔵庫に冷やしておく。
  • 卵+ヨーグルト+牛乳を混ぜ合わせておく。
  • レモンピールを粗く刻む。
  • クリームチーズは大きめに切る。
  • 天板にオーブンシートを敷く。
  • オーブンの予熱は200℃に。

作り方

  1. ボウルに薄力粉、きび砂糖、塩、ベーキングパウダーを合わせて、泡だて器で混ぜ合わせる。
  2. バターを加え、カードで粉とバターを切り混ぜる。
  3. バターが細かくなってきたら、指先で粉とバターをこすり合わせるようにしながらバターの粒をさらに細かくする。さらさらのパン粉のような状態に。
  4. 卵+ヨーグルト+牛乳を加え、カードでざっと切り混ぜるようにして生地をまとめていく。
  5. まだ粉っぽさが残っている状態で、粗く刻んだレモンピ―ルを加えて混ぜる。クリームチーズも加えてざっと混ぜ、作業台に移す。
  6. カードで生地を半分にカットして重ねる作業を3~4回繰り返す。
  7. 生地を厚さ2.5cmくらいの正方形に整える(写真は13~14cm四方)。このまますぐに切り分けて焼成してもよいが、ラップで包んで冷蔵庫で1時間~ひと晩、もしくは冷凍庫で30分ほど休ませたほうが、きれいな形に焼き上がる)。
  8. 生地をナイフで放射状に8等分する。
  9. 天板に並べ、溶き卵(生地で使った残り)を塗り、200℃に予熱したオーブンで15分間焼く。

アドバイス

  • クリームチーズは切り混ぜるうちにある程度細かくなるので、加える時は大きくてOK。ここではkiriのポーションタイプを半分にして加えています。あえて塊を残すように気をつけて成形すると、チーズの存在感があって美味しいです。
  • 生地にブルーポピーシードをプラスしても。レモンピールによく合います。下のレシピをご参考に。

ジャムもクリームも要らない、気軽で美味しいスコーンは夏にもおすすめ。アイスコーヒーでも飲みながら、焼きたてを頬張るのが最高です!

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事