普段からお菓子を焼いていると、バターの減りの早さに罪悪感を覚えることもしばしば。バターをすり混ぜて作るスコーンは最高ですが、たまには体の声にも耳を傾けて、植物油で体にやさしいスコーンを作ります。このスコーンの魅力は、とにかくスピーディーで洗い物がラクなこと!加える具材によっては(くるみやチョコレートなど)、バターを使わなくても物足りなさを感じさせません。とにかく簡単なので、初めてスコーン(バターを使わないタイプ)を作る方には特におすすめのレシピです。※以前にご紹介したレシピを、好評につき加筆して再編集しました。

バターを使わないクイックスコーン

材料

  • ヨーグルト     50g
  • 菜種油       25g(大さじ2)
  • きび砂糖      15g(大さじ1.5)
  • 塩         ふたつまみ
  • 薄力粉       100g
  • ベーキングパウダー 小さじ1

※クルミや他の具材をいれる場合は25g~30gを目安に。手で大まかに割る。

       作り方

      1. オーブンを200℃に予熱する。
      2. ヨーグルト、菜種油、きび砂糖、塩をボウルに入れ、しっかりなじむまで、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
      3. 薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダーを合わせて、2にふるい入れる。ゴムベラかカードで手早く切り混ぜる。クルミなど他の具材を入れる場合は、また粉っぽさが残っている段階で加えて混ぜ、ひとまとめにする。
      4. 台の上に3の生地をおき、カードで生地を2つにカットしては重ねる作業を2~3回繰り返す。
      5. 2.5cmの厚さ(8cm四方くらい)に生地を整え、ナイフで4等分にカットする。
      6. オーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べ、表面に牛乳を指で塗り、200℃に予熱したオーブンで15分ほど焼く。

      アドバイス

      • レシピは2人分(4個分)。一番作りやすい分量ですが、倍量にしてもOK。
      • 最初にヨーグルトと菜種油、きび砂糖、塩を混ぜ合わせるときは、ヨーグルトと油がしっかりと乳化するように(とろりとした状態)、また、砂糖と塩がしっかりと溶け込むように、泡立て器でよく混ぜてください。
      • バターを使うスコーンの場合は、中力粉寄りのタンパク質含有率の高めの粉(10%以上)がおすすめですが、オイルを使うスコーンの場合は生地が締まりやすいので、タンパク質含有率の低い薄力粉(6%~9%)がおすすめ。国産小麦ならドルチェ(江別製粉)、スーパーで買えるものならバイオレット(日清製粉)など。
      • バターを使わないぶん、コクを出すためにも、砂糖はきび砂糖などうまみのある粗糖を、粉も風味の濃い全粒粉やライ麦を加えてみてもいいですね。風味がぐんと良くなります。

      植物油は菜種油以外にも、こめ油や紅花油、太白ごま油などでもOK。こちらはレモン入りオリーブオイルで作るスコーン。

      オリーブオイルでセイボリースコーンを作るのもおすすめです。

      簡単でヘルシー、 外側はサクッとして、中はきめ細やかなしっとりスコーン 。お好きな具材を入れてぜひ焼いてみてくださいね。

      ↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

      にほんブログ村 スイーツブログへ
      にほんブログ村
      スポンサーリンク

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事