sconemania

スコーンマニアの焼き菓子レシピ帖

冷やして食べても美味しい焼き菓子 リンツァークッキー

f:id:sconemania:20190529141626j:plain

リンツァートルテを初めて食べた時の感動は今でもよく覚えています。ヘーゼルナッツとスパイスを加えたタルト生地は、とてもコクがあってかぐわしく、甘酸っぱいラズベリージャムとのバランスが絶妙。昔はよく焼いたものですが、格子状に生地を重ね合わせたりするのは結構な手間で…。そこで最近作るのは、もっぱらリンツァークッキー。あのリンツァートルテ独特の味わいはそのままに、手軽に作れて見た目も可愛い。焼き立てはサクッとした食感、時間が経つとジャムの水分でしっとりとした食感に。どちらも美味しいですが、暑い季節は冷蔵庫でよく冷やして食べるのもオススメです。

 材料

無塩バター       80g

きび砂糖        60g

塩           ひとつまみ

卵           20g

薄力粉          150g

ヘーゼルナッツパウダー 20g

シナモン        小さじ1/2

ラズベリージャム    適宜

 

〈用意する道具〉

  • 抜き型

    f:id:sconemania:20190720164918j:plain

    お手持ちのもので。写真はフラワー型(小)と口金
  • ポリ袋(Мサイズ)

〈下準備〉

  • バターと卵を室温に戻す。
  • 薄力粉、ヘーゼルナッツパウダー、シナモンを合わせておく。

〈オーブンの予熱〉 170℃

作り方

  1. バターをゴムベラで練り、きび砂糖と塩を加えて混ぜ合わせる。

    f:id:sconemania:20190720162540j:plain

    均一になったら卵を加えてすり混ぜる。

    f:id:sconemania:20190720162558j:plain

  2. なめらかになったら、薄力粉とヘーゼルナッツパウダーとシナモンを合わせてふるい入れる。

    f:id:sconemania:20190720162733j:plain

    ゴムベラで切るように全体がなじむまで混ぜる。

    f:id:sconemania:20190726194006j:plain

     

  3. 生地がまとまったらポリ袋に入れ、袋の上からめん棒をころがして厚さ3mmくらいにのばす。冷蔵庫で3時間~1晩寝かせる。

    f:id:sconemania:20190720162808j:plain

  4. ポリ袋を切り開いて、生地を型で抜く(なるべくすき間のないように)。

    f:id:sconemania:20190720162940j:plain

     

  5. 残り生地もひとまとめにしてのばし、同様に型で抜く。抜いた生地の半分は口金などを使って中央に穴を開ける。

  6. クッキングペーパーを敷いた天板に並べ、170℃のオーブンで12~15分焼く。

    f:id:sconemania:20190720163237j:plain

  7. 粗熱を取り、穴の開いていないクッキーにジャムを塗り、穴の開いているクッキーを重ねてサンドにする。

    f:id:sconemania:20190720163253j:plain

アドバイス

  • サクサクした食感にするコツは、生地を練らないこと。なるべく手数を少なく手早く作りましょう。
  • ジャムを挟まずにそのままでも美味しいサブレです。また、タルトの土台としても使えます。
  • ラスベリージャムはチェックの蓋でおなじみのボンママンを使いました。酸味とプチプチ感と固さがこのクッキーにぴったり。スコーンにもよく合い、価格もお手頃です。

    f:id:sconemania:20190720164535j:plain

 見た目がブローチのようにかわいらしく、ちょっとした手土産にも最適です。

f:id:sconemania:20190720214458j:plain

 

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村