f:id:sconemania:20191108233103j:plain

肉じゃがより簡単、味良しバランス良し見た目良しで、うちではかなりの頻度で食卓に上る料理です。前日に豚かたまり肉に塩こしょうをまぶしておけば、あとは肉と野菜に白ワインを注いで、とろ火で放っておくだけ。塩味の馴染んだ肉の美味しさもさることながら、肉汁とワインをたっぷり含んだ野菜も絶品です。

材料

豚肩ロース肉(ブロック)   500g

塩              小さじ1.5

黒こしょう          適宜

 

じゃがいも(メークイン)   3~4個(約400g)

玉ねぎ            1/2個

にんじん           1本

にんにく           2かけ

白ワイン           1カップ

お好みのハーブ        適宜(ローリエ、タイム、ローズマリーなど)

 

f:id:sconemania:20191110225811j:plain

作り方

  1. 塩豚を作る。豚肩ロース肉に塩と黒こしょうをすり込んで、冷蔵庫に1晩おく。(写真のようにビニール袋に材料を入れて、中の空気をぱんと張って、肉に塩こしょうまぶして全体をもむようにすると手軽。そのまま冷蔵庫へ。)

    f:id:sconemania:20191110225840j:plain

    f:id:sconemania:20191110225851j:plain

  2. 1の豚肉を1cmの厚さに切る(大きいものはさらに2つに切る)。じゃがいもは皮をむいて1cmの厚さに切り、玉ねぎは薄切り、にんじんも薄い輪切り(または半月切り)にする。にんにくは縦半分に切って芯を除く。
  3. 厚手の鍋に、玉ねぎとにんじんを敷く。

    f:id:sconemania:20191110225913j:plain

    豚肉とじゃがいもを交互に入れる。

    f:id:sconemania:20191110225949j:plain

    にんにく、ハーブをのせ、白ワインを注ぎ入れる。

    f:id:sconemania:20191110230003j:plain

    中火にかけて煮立ったらアクをひき、蓋をして弱火で40分間蒸し煮にする。

    f:id:sconemania:20191110230119j:plain

アドバイス

  • じゃがいもは煮崩れしにくいメークインを使ってください。
  • 塩豚にはマスタードがよく合います。粒なしタイプ(ディジョンマスタード)がおすすめ。
  • 少ない水分で長時間煮るので、鍋は厚手で密閉性の高いものを。やはりストウブやルクルーゼなど、鋳物のホーロー鍋がいいですね。

4~5人分の煮込みならストウブの24cmがイチオシ!

 

本場のフランス・アルザス地方では肉が3種類入り、陶器の鍋を使って蓋の縁をパン生地でぐるりとふさぎ、オーブンに2~3時間入れて仕上げます。ベッコフは「パン屋のかまど」という意味で、昔は朝パン屋さんに鍋を預け、かまどの予熱で火を通してもらって持ち帰る、という風習があったのだとか。心温まる冬の郷土料理ですね。

f:id:sconemania:20191110230522j:plain

簡単バージョンの上記レシピでも、とても美味しくいただけます。お肉たっぷりでボリュームもありますが、白ワインで煮るので意外とさっぱり。ちなみにワインを結構使いますが、お子様でも恐らく大丈夫だと思います(少なくともわが家の小学生はかなり気に入っております)。

f:id:sconemania:20191110230302j:plain

マイルドでなめらかなディジョンマスタードが本当によく合います。美味しいパンとワインも用意して、おうちで手軽なフレンチディナーを楽しんでくださいね。

 

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事