f:id:sconemania:20191108163731j:plain

大好きな板チョコを1枚バキバキと割って、スコーンに焼き込みました。大きく割るのがポイント。何とも言えない甘い香りで表面がカリっと焼き上がります。チョコチャンククッキーが大きく膨らんだような親しみやすさで子どもに大人気。大人向きにはオレンジピールやクルミを加えたくなりますが、やっぱりチョコだけで素直に美味しい、コーヒーによく合うスコーンです。

 材料

  • 薄力粉または中力粉  200g
  • きび砂糖       30g
  • 塩          ふたつまみ
  • ベーキングパウダー  小さじ2
  • 無塩バター      50g
  • 牛乳         60g
  • ヨーグルト      60g
  • 板チョコ       1枚(50g)

 下準備

  • 板チョコは大きめに割っておく。

    f:id:sconemania:20191108163920j:plain

  • バターは1cm角に切って冷蔵庫に冷やしておく。
  • 牛乳とヨーグルトを合わせておく。
  • 天板にオーブンシートを敷く。
  • オーブンの予熱は200℃に。

作り方

  1. ボウルに薄力粉、きび砂糖、塩、ベーキングパウダーを合わせて、泡だて器で混ぜ合わせる。
  2. バターを加え、カードで粉とバターを切り混ぜる。
  3. バターが細かくなってきたら、指先で粉とバターをこすり合わせるようにしながらバターの粒をさらに細かくする(rub inと呼ばれる作業で、バターが溶け出さないうちに素早く!)。さらさらのパン粉のような状態に。
  4. 牛乳+ヨーグルトを加え、カードでざっと切り混ぜる。ここまでは基本のプレーンスコーンの作り方と同じ。

     

    www.sconemania.com

     

  5. まだ粉っぽさが残っている状態で板チョコを加え、生地をざっくりひとまとめにする。

    f:id:sconemania:20191108163947j:plain

  6. 打ち粉をふった台に生地をのせる。めん棒でかるく伸ばし、カードで生地を半分にカットして重ねる、といった作業を2、3回繰り返す。

    f:id:sconemania:20191108164052j:plain

  7. 生地を厚さ2.5cmぐらいにのばす(写真は約14cm四方)。このまますぐに切り分けて焼成してもよいが、ラップで包んで冷蔵庫で1時間ほど休ませたほうが、生地が締まって切り分けやすい。

    f:id:sconemania:20191108164119j:plain

  8. 生地をナイフで放射状に8等分する。

    f:id:sconemania:20191108164142j:plain

  9. 天板に並べ、好みで表面に牛乳か溶き卵(分量外)を塗り、200℃に予熱したオーブンで15分間焼く。

    f:id:sconemania:20191108164200j:plain

    f:id:sconemania:20191108164214j:plain

アドバイス

チョコレートは製菓用でなくても、ふつうの板チョコで十分です。

f:id:sconemania:20191108164246j:plain

今回はスーパーやコンビニで必ず見つかる明治のミルクチョコレート使用しました。実は安価なミルクチョコの中で植物油脂不使用なのはこれのみ。昔からあるミルクチョコは、ほっとする優しい味ですね。

f:id:sconemania:20191108164405j:plain

チョコレートの油分が生地に回るせいか、焼き立ては表面がとてもクリスピー。中はふんわり。チョコレートの香りがたまりません。お好きなチョコレートでぜひ作ってみてくださいね。

 

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事