f:id:sconemania:20191026191056j:plain

ヴァンショー(仏語)、グリューワイン(独語)、モルドワイン(英語)…、スパイスのきいた温かいワインはヨーロッパの冬の風物詩ですが、日本でもホットワイン(実は和製英語!)として定着しつつあります。肌寒い夜には家で気軽に楽しみたいですね。ワインに香辛料+フルーツ+甘みを加えて温めるだけなので手間もかかりません。塩味のオーツビスケットを焼いておくと、ワインやチーズもすすみます。ザクザクのしっかりした歯応えは市販品にない美味しさ。フードプロセッサーであっという間にできる、おすすめのヘルシークラッカーです。

 ホットワイン

材料

  • 赤ワイン             300㏄
  • シナモンスティック        1本
  • クローブ             2~3本
  • 八角               1かけ
  • 柚子茶やオレンジマーマレードなど 大さじ1~2

作り方

材料をすべて鍋に入れて火にかける。沸騰寸前まで温める。

アドバイス

  • クローブや八角はなければ省いてもいいですが、加えるとぐっとスパイシーになります。ほかにも粒コショウやカルダモンなど、家にあるスパイスをいろいろ加えてみてください。

    f:id:sconemania:20191026191155j:plain

  • 柚子茶やマーマレードで甘みと柑橘のテイストをプラスするのがポイント!なければグラニュー糖やはちみつで甘みをプラスし、オレンジやレモンのスライスや果汁を加えてください。リンゴを加えても美味しいです。

    f:id:sconemania:20191026191217j:plain

  • ワインは安価なもので十分です。渋みの少ない、フルーティーなライトボディのものがおすすめです。

オーツビスケット

材料

      • オートミール       150g
      • 薄力粉          40g
      • きび砂糖         小さじ2
      • 塩            小さじ1/3
      • 無塩バター        40g
      • 水            大さじ4~5

 

作り方

フードプロセッサーにオートミール、薄力粉、きび砂糖、塩を入れてしばらく回す(オートミールの粒をできるだけ細かくする)。

f:id:sconemania:20191026191313j:plain

角切りにした冷たいバターを加えて、数回パルス(ON/OFFを細かく繰り返す)。

f:id:sconemania:20191026191336j:plain

粉チーズのようなさらさらな状態にする。

f:id:sconemania:20191026191348j:plain

水を加えて、生地がひとまとまりになるまで様子を見ながらパルスする。

f:id:sconemania:20191026191400j:plain

生地をポリ袋に入れ、めん棒で3mmくらいの厚さにのばす。

f:id:sconemania:20191026191452j:plain

5cmくらいの型で抜く。ナイフで好みの大きさにカットしてもいい。フォークで突いて穴を開け、好みでブルーポピーシードやゴマ、岩塩などをふる。

f:id:sconemania:20191026191546j:plain

180℃に予熱したオーブンで18~20分ほど焼く。

f:id:sconemania:20191026191604j:plain

 アドバイス

最初にオートミールの粒が細かくなるまで、長めにフードプロセッサーを回しましょう。

f:id:sconemania:20191026200118j:plain

クリームチーズ+バナナのトッピング。ファイバーたっぷりで朝食やおやつにもいいですね。

いつもながらフープロで生地作りは一瞬!

     

    ↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

    にほんブログ村 スイーツブログへ
    にほんブログ村

    おすすめの記事