f:id:sconemania:20191018235131j:plain

空気が冷たくなってくると、コクのあるキャラメル味の焼き菓子が食べたくなります。秋から冬によく焼くのはフロランタン。カリっとしたキャラメルアーモンドとサクッとしたサブレ生地、ねちっとしたオレンジピール。ひと口でいくつものおいしさが味わえるごちそうクッキーです。市販のフロランタンはサブレ部分が厚めですが、家で作るならキャラメルアーモンドをぜいたくに分厚くするのがおすすめ。キャラメルの魔力で止まらないおいしさです。味よし見栄えよしでプレゼントにも最適。豪華でも作り方は意外と簡単です!

 フロランタン・オランジェ

材料

サブレ生地

  • 無塩バター     70g
  • きび砂糖      35g
  • 塩         ひとつまみ
  • 全卵        25g
  • 薄力粉       120g

キャラメルアーモンド

  • 無塩バター     30g
  • はちみつ      30g
  • きび砂糖      30g
  • 生クリーム     50g
  • スライスアーモンド 90g
  • グランマニエ    小さじ2

 オレンジピール     20g

 

〈用意する道具〉

  • フードプロセッサー(あれば)
  • ポリ袋(Мサイズ)
  • めん棒

〈下準備〉

  • バターを1cm角にカットして冷やしておく。
  • オレンジピールを細かくカットする。

〈オーブンの予熱〉 180℃

 


 

作り方

  1. サブレ生地を作る。フードプロセッサーに薄力粉、きび砂糖、塩を入れて数秒回す。角切りにした冷たいバター加えて、数回パルス(ON/OFFを細かく繰り返す)。

    f:id:sconemania:20191018234220j:plain

    粉チーズのようなサラサラした状態にする。

    f:id:sconemania:20191018234234j:plain

  2. 卵を加えて、生地の状態を見ながらパルス。

    f:id:sconemania:20191018234251j:plain

    大体まとまったら生地は完成。

    f:id:sconemania:20191018234308j:plain

  3. ポリ袋に入れ、袋の上からめん棒をころがして厚さ3~4mmにのばす(生地面積の目安は25cm×18cmくらい)。

    f:id:sconemania:20191018234326j:plain

    冷蔵庫で3時間~ひと晩、または冷凍庫で1時間生地を寝かせる。

  4. ポリ袋を切り開き、クッキングペーパーを敷いた天板に置いて、フォークで突いてピケする。

    f:id:sconemania:20191018234344j:plain

    180℃に予熱したオーブンで17~20分、表面にうっすら焼き色がつくまで焼く。

  5. サブレ生地を焼いている間にキャラメルアーモンドを作る。小鍋に無塩バター、はちみつ、きび砂糖、生クリームを入れ、中火にかける。バターが溶けてぐつぐつしたら、さらに1分ほど煮詰める。

    f:id:sconemania:20191018234503j:plain

    スライスアーモンドを加えてゴムベラでよく混ぜ、水分を飛ばす。

    f:id:sconemania:20191018234526j:plain

    グランマニエを加え、ひと煮立ちしたら火を止める。

  6. 4のサブレ生地を取り出し、オレンジピールをまんべんなく散らす。

    f:id:sconemania:20191018234547j:plain

    5のキャラメルアーモンドを均一に塗り広げる(生地の縁1cmくらいを残す)。

    f:id:sconemania:20191018234603j:plain

    オーブンの温度を170℃に下げて生地を戻し入れ、表面がキャラメル色になるまで17~20分ほど焼く。

    f:id:sconemania:20191018234649j:plain

  7. オーブンから取り出し、熱いうちに端を切り落とし、好みの大きさに均等に切り分ける。金網の上で完全に冷ます。

    f:id:sconemania:20191018235022j:plain

アドバイス

    •  もちろんフードプロセッサーを使わなくても作れます。その場合、常温に戻したバターにきび砂糖と塩を加えて練り合わせ、卵を加えてすり混ぜ、粉を加えて切り混ぜます。詳しくは、リンツァークッキーの作り方を参照してください。
    • オレンジピールやグランマニエはなければ省略しても構いませんが、アーモンドとオレンジの風味はとても相性がよく、奥行きのある味わいになるのでぜひ使ってみてください。

    ↓あっという間にサクサク生地が作れるクイジナートのフープロ!

     

     成形時に切り落とした「福耳」が実は美味しいのです。これは作った人だけのお楽しみ!

    f:id:sconemania:20191018234926j:plain

     フロランタンの歴史は、カトリーヌ・ド・メディシスにまで遡るのだとか。揺るぎないおいしさは古典菓子の貫禄。ぜひ作ってみてくださいね!

    f:id:sconemania:20191018234843j:plain

     

    ↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

    にほんブログ村 スイーツブログへ
    にほんブログ村

    おすすめの記事