f:id:sconemania:20190919134330j:plain

とろりとした果肉にぷちぷちの種の歯触り、独特の香りと上品な甘み…。いちじくはジャムにすると、驚くほど美味しさを発揮します。皮ごと煮るので仕上がりはつやつやのルビー色。短時間で煮上がるので、気が向いた時に手軽にささっと作れます。いちじくの美味しい今の季節にぜひ!

 f:id:sconemania:20190919134427j:plain

いちじくジャムを美味しく作るポイント

  • いちじくは熟したものを使う。(皮の色が濃く、お尻が割れているもの。)
  • 皮はむかない。(ジャムがきれいなルビー色になる。)
  • レモン汁をたっぷり使う。(酸味を補い、ジャムの色を鮮やかにする。)
  • 強めの中火で短時間。(沸騰後8分~10分程度で煮上げる。)

材料

  • いちじく     500g(中くらいのもの5~6個)
  • グラニュー糖   200g(いちじくの重量の40%)
  • レモン汁     30㏄(約1個分)

下準備

ガラス瓶と蓋を洗い、オーブンで殺菌する。詳しくはあんずジャムの作り方を参照。

作り方

  1. いちじくはさっと洗って水気をふき、皮ごと粗く刻む。f:id:sconemania:20190919134554j:plain
  2. 鍋に1のいちじく、砂糖、レモン汁を入れ、ざっくりと混ぜ合わせる。f:id:sconemania:20190919134720j:plain
  3. 鍋を強火にかけ、焦げないように時々かき混ぜる。f:id:sconemania:20190919134759j:plain

    沸騰したら強めの中火にしてアクを取り除き、大きく混ぜながら煮詰める。

    f:id:sconemania:20190919134815j:plain

  4. 沸騰後10分もしないうちに、とろりとしてつやが出る。火を止めてジャムが熱いうちに瓶に詰める。f:id:sconemania:20190919134836j:plain

アドバイス

  • ジャムは冷えると熱いときよりもとろみがつくので、少しゆるいくらいで火から下ろします。
  • 上記のプレーンないちじくジャムはフレッシュな美味しさですが、グラニュー糖をきび砂糖に替えてクルミやシナモンを加えると、コクのある個性的なジャムになります。カンパーニュやライ麦パンによく合います。
  • いちじくは初夏から秋の半ば頃まで出回りますが、秋のものは比較的小ぶりで甘みや香りが濃く、ジャム作りに最適です。少し味がぼやけたイマイチないちじくも、すばらしいジャムに変身するので、2つ3つの少量でもぜひ試してみてください。

f:id:sconemania:20190919135112j:plain

毎朝のトーストやヨーグルトにはもちろん、くるみと全粒粉のスコーンにもとても良く合います。 www.sconemania.com

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事