f:id:sconemania:20190803160101j:plain

連日の猛暑で台所に立つのもだるくて億劫ですね。このところはさすがにオーブンから遠ざかっていましたが、こんな時にこそあれを!と思い立って久々に焼いてみました。やっぱり美味しい、レモンクッキー。サクサク感と甘酸っぱいレモンのグラサージュがたまりません。焼き立てがもちろん美味しいですが、真夏は冷蔵庫でちょっと冷やすと一段と爽やかな味わいで、本当にオススメです。

 材料

無塩バター       85g

きび砂糖        30g

塩           ひとつまみ

卵           15g

薄力粉           140g

レモンピール(あれば) 15g

レモンオイル(あれば) 数滴

 

(レモンアイシング用)

粉糖          60g

レモン果汁       大さじ1

 

〈用意する道具〉

  • フードプロセッサー
  • 抜き型(お手持ちのもので。ここでは直径5cmの丸型)
  • ポリ袋(Мサイズ)
  • めん棒

〈下準備〉

  • バターを1cm角にカットして冷やしておく。
  • レモンピールをできるだけ細かくカットする。

〈オーブンの予熱〉 170℃

作り方

  1. フードプロセッサーに薄力粉、きび砂糖、塩を入れて数秒回す。角切りにした冷たいバターとレモンピールを加え、数回パルス(ON/OFFを細かく繰り返す)。

    f:id:sconemania:20190803160318j:plain

    粉チーズのようなサラサラした状態にする。

    f:id:sconemania:20190803160340j:plain

  2. 卵とレモンオイルを加えて、生地の状態を見ながらパルス。

    f:id:sconemania:20190803160404j:plain

    大体まとまったら生地は完成。

    f:id:sconemania:20190803160420j:plain

  3. ポリ袋に入れ、袋の上からめん棒をころがして厚さ3~4mmにのばす(生地面積の目安は25cm×20cmくらい)。冷蔵庫で3時間~ひと晩、または冷凍庫で1時間生地を寝かせる。

    f:id:sconemania:20190803160501j:plain

  4. ポリ袋を切り開いて、生地を型で抜く(なるべくすき間のないように)。残り生地もひとまとめにしてのばし、同様に型で抜く。

    f:id:sconemania:20190803160518j:plain

  5. クッキングペーパーを敷いた天板に並べ、170℃のオーブンで約15分焼く。

    f:id:sconemania:20190803160536j:plain

  6. 焼いている間に、粉砂糖にレモン汁を加え、よく混ぜ合わせてレモンアイシングを作る。

    f:id:sconemania:20190803160549j:plain

  7. 焼き上がったら、天板のまま2~3分おいて、アイシングをクッキーの表面に刷毛で塗る。

    f:id:sconemania:20190803160614j:plain

    再びオーブンに戻し入れ、3分ほど余熱でアイシングを乾かす。

    f:id:sconemania:20190803160659j:plain

    f:id:sconemania:20190803162005j:plain

アドバイス

  • もちろんフードプロセッサーを使わなくても作れます。その場合、常温に戻したバターにきび砂糖と塩を加えて練り合わせ、卵を加えてすり混ぜ、粉を加えて切り混ぜます。詳しくは、リンツァークッキーの作り方を参照してください。くれぐれも、冷房の効いた部屋で作業してくださいね。
  • レモンピールやレモンオイルはなくてもかまいません。かわりにレモン汁15gを卵と混ぜ合わせて加えてください。

    f:id:sconemania:20190803160808j:plain

  • アイシングは必ずクッキーが冷める前に塗ってください。表面に塗る量は、薄くてもたっぷりでもお好みで。

f:id:sconemania:20190803161053j:plain

おすすめのレモン果汁、ビアリッツ・レモン・プロフェッショナル。以前はプルコレモンという名で、すっぱ好きの間では有名でした。レモンの風味が濃く、これで作るレモネードは絶品。夏には欠かせません。

 

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事