あまり外食はしないほうですが、特別な日に行くのはここ、と決まっているお店があります。

 f:id:sconemania:20190716183009j:plain

川端丸太町にあるレストラン「ラニオン」。

こちらのお料理は“正統派”フレンチです。と言っても、重たいソースに華美な盛り付け…といった古いくさいものではありません。素材の持ち味を最大限にいかすべく、工夫と手間ひまを惜しまないお料理なのです。軽やかなのに充実感たっぷりで、お腹も心も存分に満たされます。

ディナーのコースは4800円と6300円(税・サ別)。今日はとっても特別な夜でしたので、6300円のコースをいただきました。

f:id:sconemania:20190716183126j:plain

まずはアミューズ。トビウオのマリネ。新鮮で赤紫蘇のジュレとキュウリがなんとも涼やか。

f:id:sconemania:20190716183142j:plain

前菜一皿目はジャンボンベルシエ。ブルゴーニュ名物のハムのゼリー寄せ。手前の珍しい大粒マスタードはタスマニア産。最初からワインがすすみます。

f:id:sconemania:20190716183249j:plain

前菜二皿目はホタテ貝のグリエ、茄子のマリネ、トウモロコシ風味。トウモロコシの自然な甘み、ホタテのグリエの香ばしさ、トロリとした茄子の組み合わせが本当に美味。

f:id:sconemania:20190716183302j:plain

魚料理は石川県産甘鯛のポアレ 赤ピーマンのソース。甘鯛は京都ではグジと呼ばれ大切にされている魚。シンプルなポアレですが、下処理が丁寧で、甘鯛らしい風味と旨味、パリパリの皮を堪能。

f:id:sconemania:20190716183318j:plain

肉料理はフランス産ホロホロ鳥のコンフィ。付け合わせの野菜のソテーはジロール茸の風味がきいています。コンフィにすることでホロホロ鳥は旨味がさらに凝縮。もちろん皮はバリバリ。美味しさがギュッと詰まった一皿。

f:id:sconemania:20190716183337j:plain

デザートはすもものブランマンジェ&すももソルベ。旬の甘酸っぱいすももの魅力がいっぱい!

f:id:sconemania:20190716183402j:plain

エスプレッソと一緒に小菓子も。マンゴーのパート・ド・フリュイもひそかに絶品です。

f:id:sconemania:20190716183631j:plain

お料理の素晴らしさはもちろん、オーナーシェフとマダムの息もピッタリで、お二人の料理への情熱、フランス愛、お店への愛着をひしひしと感じます。外の可愛い赤いテントには、店名の横に“hospitalite”とありますが、その通り温かいもてなしと心地好い雰囲気に包まれた、小さな名店です。

f:id:sconemania:20190716183652j:plain

 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

レストラン ラニオン

住所:京都市左京区川端丸太町東入ル キャピタルヴィラ丸太町1F

TEL:075-761-1540

営業時間:11:30~13:45(L.O)/18:00~20:30(L.O.)

定休日:木曜日、金曜日ランチ

 

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事