f:id:sconemania:20190606224203j:plain

忙しい方や少々ずぼらな方でも、このスコーンなら大丈夫。超簡単スピードスコーンレシピです。バターを使わずオイルで作るから手軽でヘルシー。ごつごつとした素朴な姿(写真)から想像できる通り、ザクザクした食感が特徴です。バターで作るスコーンのふんわりした感じとはまた違った魅力が楽しめます。コツはとにかく“素早く”作業すること。レシピの手順を頭に入れてから始めましょう。

材料

薄力粉                    100g

全粒粉       大さじ1

きび砂糖      大さじ1.5

塩         ふたつまみ

ベーキングパウダー 小さじ1

なたね油      大さじ2

ヨーグルト     50g

作り方

  1. オーブンを200℃に予熱する。
  2. 薄力粉、全粒粉、きび砂糖、塩、ベーキングパウダーをボウルに入れ、泡立て器でぐるぐると混ぜる。

    f:id:sconemania:20190606224246j:plain

  3. なたね油を加え、泡立て器でぐるぐると手早く混ぜ、ぽろぽろしたそぼろ状にする。

    f:id:sconemania:20190606224323j:plain

    f:id:sconemania:20190606224338j:plain

  4. ヨーグルトを加えて、ゴムベラかカードで手早くさっくりと混ぜ、生地をひとまとめにする(この時点でまだ粉っぽさが残っていてもOK)。

    f:id:sconemania:20190606224407j:plain

    f:id:sconemania:20190606224418j:plain

  5. 打ち粉をふった台の上に4の生地をおき、生地の形を整える。カードで生地を2つにカット→重ねる→形を整える、といった作業を2~3回ほど繰り返す(この作業で生地が大体均質になり、層ができてボリュームが出る)。

    f:id:sconemania:20190606224543j:plain

  6. 生地を2~3cmの厚さ(8cm四方くらい)にのばし、ナイフで4等分にカットする。
  7. オーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べ、表面に牛乳を指で塗り、200℃に予熱したオーブンで15分ほど焼く。

    f:id:sconemania:20190606224659j:plain

ポイント

  • レシピは2人分(4個分)。一番作りやすい量ですが、倍量にしてもOK。
  • バターを使うスコーンよりも、生地がやや締まってザクザクした食感です。よりふんわり感を出したい場合は、タンパク質含有率の低い薄力粉(6%~9%)がおすすめ。国産小麦ならドルチェ(江別製粉)、スーパーで買えるものならバイオレット(日清製粉)など。
  • バターを使わないぶん、コクを出すためにも、砂糖はきび砂糖などうまみのある粗糖を、粉も風味の濃い全粒粉やライ麦を加えてみてください。風味がぐんと良くなります。
  • 粉の種類によっては、上記のヨーグルトの分量だと生地がべたつくかもしれません。べたついてしまったら、生地をラップで包んで形を整えるといいでしょう。

    f:id:sconemania:20190606224835j:plain

  • とにかくさっさと作業することがコツ。生地完成まで5分を目指して手早く!

シンプルで食べ飽きない美味しさ。まだ温かいうちに、メープルシロップをたっぷりかけて食べるのがおすすめです。

f:id:sconemania:20190606224912j:plain

 

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。 

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事