f:id:sconemania:20190527174308j:plain

初めてセイボリースコーン(塩味のスコーン)を作るなら、まずはこのスコーンを試してみてください。イギリス発祥のスコーンとチェダーチーズは、文句なしのベストコンビ。そしてレッドチェダーの風味とコクはビールにぴったり。焼きたての、チーズの羽根がカリカリなうちが最高です。スープやサラダと一緒にランチにも最適。子供から大人まで大好きなスコーンです。

分量

  • 薄力粉または中力粉  200g
  • きび砂糖       小さじ1
  • 塩          小さじ1/4
  • ベーキングパウダー  小さじ2
  • 無塩バター      50g
  • レッドチェダーチー  80g
  • 牛乳         120g

 下準備

  • バターは1cm角に切って冷蔵庫に冷やしておく。
  • レッドチェダーチーズは5mm角に切っておく。
  • 天板にオーブンシートを敷く。
  • オーブンの予熱は200℃に。

 作り方

  1. ボウルに薄力粉、きび砂糖、塩、ベーキングパウダーを合わせて、泡だて器で混ぜ合わせる。
  2. バターを加え、カードで粉とバターを切り混ぜる。
  3. バターが細かくなってきたら、指先で粉とバターをこすり合わせるようにし、さらさらのパン粉のような状態にする。ここまでは基本のプレーンスコーンの作り方と同じ。
  4. レッドチェダーチーズを加えて混ぜる。

    f:id:sconemania:20190527174355j:plain

  5. 牛乳を加え、カードでざっと切り混ぜるようにして生地をひとまとめにする。f:id:sconemania:20190527174418j:plain
  6. 打ち粉をふった台に生地をのせる。綿棒でかるく伸ばし、カードで生地を半分にカットして重ねる、といった作業を2、3回繰り返す。
  7. 生地を厚さ2cmぐらいにのばす。このまますぐに切り分けて焼成してもよいが、生地の立ち上がりを美しくしたい場合は、ラップで包んで冷蔵庫で3時間~一晩、もしくは冷凍庫で30分ほど休ませる。
  8. 生地をナイフでカットする。カットした断面には触れないように気を付ける。

    f:id:sconemania:20190527174447j:plain

  9. 天板に並べ、好みで表面に牛乳か溶き卵(分量外)を塗り、200℃に予熱したオーブンで12~15分間焼く。

    f:id:sconemania:20190527174512j:plain

アドバイス 

  • できればイギリス産のレッドチェダーを使ってください。風味が濃厚で、オレンジ色が生地のアクセントにもなります。チェダーのカットは小さすぎると存在感がなく、大きすぎると生地の穴ぼこも大きくなるので、5mm角くらいがほどよいです。
  • カットして余った2番生地に、アーモンドを大きめに刻んで加えても。チェダーのナッティーな風味とよく合い、ザクザクした食感も楽しめます。

    f:id:sconemania:20190527174543j:plain

    f:id:sconemania:20190527174557j:plain

    f:id:sconemania:20190527174611j:plain

    おつまみ用に小さくカット。

    基本の作り方はこちらでさらに詳しく⇩

    www.sconemania.com 

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事