sconemania

スコーンとジャム、パンとひと皿のおいしいレシピ

スコーンレシピ

メープルの甘い香りにハマる メープルピーカン&オーツスコーン

カリッとしたナッツの食感とメープルの甘い香り、オートミールのザックリ感とジューシーなブルーベリー…と、美味しい要素が満載の食べ応えのあるスコーンです。決め手となるのはメープルピーカンナッツ。5分くらいでカリカリに仕上がり、やみつきになる風味…

ひんやりヴィシソワーズとフライドオニオンのスコーン

夏の疲れを癒すスープといえばヴィシソワーズ。ポロネギとジャガイモの冷製スープです。何といってもポロネギの豊かな風味と甘みがポイントですが、高価で入手も困難…。そこで、長ネギと玉ねぎの合わせ使いでポロネギの風味に近づけました。ジャガイモはつな…

夏のスコーン作りはフープロで一瞬 クランベリースコーン

別に夏でなくとも、スコーン生地はフードプロセッサーを使えばあっという間にできるのですが、スコーンマニアとしては“rubbing in”(粉とバターを指でこすり合わせてサラサラにする作業)が好きなので、技を磨きたくなるもの。しかしこの暑さではバターが溶…

プチプチ弾ける爽やかさ ポピーシードとレモンのスコーン

蒸し暑いお天気が続きます。スコーンなんて暑苦しい!と思われるかもしれませんが、こんな時期でもあえて焼きたくなるのは、ポピーシードとレモンのスコーン。そう、ス〇バでもおなじみのアメリカンスコーンです。コーヒーショップで食べるのもいいけれど、…

たっぷりのあんこで あんバタースコーン

あんバタートースト、あんバターフランス、あんバターコッペ…等々、あんバター+パンはすっかり定番になりましたね。スコーンマニアのおすすめはもちろん、あんバター+スコーン。

サクッとふんわり 爽やかブルーベリースコーン

(この記事の下書きをうっかり投稿してしまい、あとで気付いて慌てて削除してしまいました。すでにご一読された皆さま、誠に失礼いたしました。不慣れでまったくお恥ずかしい限り…。以下、写真付きの完成版です。) 冷凍庫に放置されたブルーベリーがあったら…

風味豊かなライ麦スコーンでスコーンウィッチ

スコーンはティータイムの食べ物といったイメージですが、砂糖の量を減らして塩味をきかせ、ライ麦の風味をプラスすると、風味豊かなクイックブレッドとして食卓でも存在感を発揮します。あまり高さを出さないように焼き上げ、たて半分に割ってチーズやハム…

保存版 クイックスコーンのレシピ(プレーン&くるみ)

前回ご紹介した時短スコーンがさらに進化!ヘルシーでさらに簡単、かつ美味しい仕上がりに。前回とまったく同じ配合なのに、手順を変えることで食感が大きく変化しました。きめの粗いザクザクスコーンから、今回はきめ細やかなしっとりスコーンに。どちらの…

朝起きてパンがない時は…5分で生地完成の時短スコーン!

忙しい方や少々ずぼらな方でも、このスコーンなら大丈夫。超簡単スピードスコーンレシピです。バターを使わずオイルで作るから手軽でヘルシー。ごつごつとした素朴な姿(写真)から想像できる通り、ザクザクした食感が特徴です。バターで作るスコーンのふん…

滋味深い香ばしさ!くるみと全粒粉のスコーン

美味しいくるみのスコーンを焼く秘訣は、生地に全粒粉を加えること。香ばしい風味がぐんとひき立ちます。心和むアースカラー、素朴な味わいは毎日でも食べたくなるほど。焼き立てをザクザク頬張るもよし、半分に割ってハチミツやメープルシロップをつけて食…

ビールに合う!チェダーチーズスコーン

初めてセイボリースコーン(塩味のスコーン)を作るなら、まずはこのスコーンを試してみてください。イギリス発祥のスコーンとチェダーチーズは、文句なしのベストコンビ。そしてレッドチェダーの風味とコクはビールにぴったり。焼きたての、チーズの羽根がカ…

保存版 基本のプレーンスコーン

表面はカリっと香ばしく、中はしっとりしつつもサクッと歯切れの良いスコーン。生地はボウルの中で粉類とバターを切り混ぜ、牛乳+ヨーグルトの水分でまとめるだけです。作り方はごくシンプルですが、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

スコーン作りのすすめ

古今東西、お菓子のレシピは無数にあれど、何か一つ覚えておくならとりあえずはスコーン。材料も作り方も究極なまでにシンプル。それだけにちょっとした工夫が生きて、アレンジは自由自在です。